低濃度PCB廃棄物の処理について

ご存知ですか?

低濃度PCB廃棄物の処理期限は2027年3月31日までです。

四国電気保安協会では、お客さま電気機器のPCB含有確認の調査・分析から処理に関して、全面的にサポートいたします。

最適なご提案は私たちにお任せください!

低濃度PCB含有機器の処理に伴い、行政への届け出や各種手続きが必要となります。
四国電気保安協会では、お客さまのお手続きも全面的にサポートいたします。

PCBとは?

PCBはPoly Chlorinated Biphenyl(ポリ塩化ビフェニル)の略称。
PCBは電気機器用の絶縁油、各種工業における加熱並びに冷却用の熱媒体及び感圧複写機など、様々な用途に利用されていました。
(例:ビル・工場・鉄道車両・船舶等の変圧器・テレビ・電子レンジ等の家電用コンデンサー・直流用・蓄電用コンデンサーなど・・)

現在はPCBの健康被害が明らかになり、新たな製造が禁止されています。

低濃度PCBとは?

PCB濃度により高濃度PCB廃棄物と低濃度廃棄物に分類されます。
高濃度PCB廃棄物はPCB濃度が0.5%(=5000ppm)を超えるものとなります。
高濃度PCB廃棄物については処理が完了しており、現在は低濃度PCB廃棄物が処理の対象となっています。

PCBの健康被害

PCBは脂肪に溶けやすいという性質から、慢性的な摂取により体内に徐々に蓄積し、様々な症状を引き起こすことが報告されています。
一般にPCBによる中毒症状として、目やに、爪や口腔粘膜の色素沈着、ざ創様皮疹(塩素ニキビ)爪の変形、まぶたや関節の腫れなどが報告されています。

低濃度PCBの判別方法

まず電気機器に取り付けられた銘板に記載された製造年とメンテナンスの実施履歴等を確認することでPCB汚染の可能性を確認します。
汚染の可能性がある電気機器については、実際に電気機器から絶縁油を採取してPCB濃度を測定し、PCBの汚染の有無を判別します。

※コンデンサーのような封じ切りの機器は使用中の物でも絶縁油の採取のため穴を開ける必要があり、その後は使用できないため同時に機器の更新が必要ですのでご注意ください。

通電中の変圧器・コンデンサーに近づくと感電の恐れがあり大変危険です。
必ず電気保安技術者に依頼して確認してください。

メールでのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ